しわ対策で若々しさを取り戻す

お肌の若返りには、しわを目立たなくするという方法が有効です。

肌の若返りは、年をとって肌が老けて見えるようなるなと、気にする人が増加します。若

返りのためには、何が有効なのでしょうか。

皮膚の老化といって真っ先に目につくのがしわです。

しわが増えてくると肌の老化を実感し、若返りをしなければと考えるようになります。

肌のしわを減らすことで、肌の若返り効果が実感できることでしょう。

保湿力を高めてあければ、肌のしわを減らすことが可能です。

お肌の若返りのためには、10代、20代の頃の肌の保水力が持てればいいのです。

年齢による影響でもしわはできますが、紫外線によってもしわは増加します。

紫外線が肌に照射されると、肌は光老化と呼ばれる変化を起こします。

日焼けだけでなく、光老化からも肌を守る必要があります。

普段どんなときでも肌には日焼け止めを塗って紫外線を防止しなければいけません。

しわが刻まれた肌の、できているしわを減らすことは難しいですが、適切なケアをすることでしわをより濃くならないようにできます。

肌の若返りにいい成分である、コラーゲンやエラスチンを入れた化粧品も注目されています。

肌の再生を促進したり、真皮層での保湿力を高めるものです。

肌の若返りには、イソフラボンやビタミンCを摂取し、新しい皮膚をつくり古い皮膚と交替する肌の能力を高めることも意味があります。

しわができる原因

何が原因で、人間はしわができてしまうのでしょう。

少しでもしわができると、格段に年老いて見えるようになることがあります。

しわの原因にはいろいろとありますが、中でも大きい原因は紫外線、お肌の乾燥、筋肉の老化の3つが上げられます。

強い日差しが降りそそいでいる時に限らず、雲で日光が遮られているように見える時も紫外線は届いています。

ヒアルロン酸やコラーゲンなど、肌の水分を保つ作用がある成分は、紫外線の働きによって減少してしまうものです。

しわの原因に紫外線が考えられることは、まだ知名度の低い知識です。

肌に紫外線を受けつづけていると、コラーゲンやエラスチンをこま切れにされて、肌の保湿力がなくなってしまうのです。

肌がたるむのは、コラーゲンや、エラスチンがなくなった肌がハリを失うためです。

たるみがひどくなると溝になります。溝がしわということです。

コラーゲンやエラスチンが紫外線で壊されないよう、日焼け止めなどをつけて肌を守り、しわを防ぎましょう。

紫外線の影響は肌に蓄積されます。

30歳前は紫外線を受けてもしわができないように見えるのは表層のみの話です。

しわの原因になる紫外線などへの対策は、まだしわができないうちからやっておかないと、30代、40代に急にしわが目立つようにもなります。

乾燥

肌にしわができる原因は幾つかありますが、その一つは肌の乾燥です。

肌を乾燥させないためには、洗顔後や入浴後は間をおかずに化粧水をつけ、保湿ケアを行いましょう。

乾燥が続くと、お肌の層の中でも、一番外側の角質層が乾いて剥がれやすくなってしまいます。

角質層は、乾いてもろくなると、水分が蒸発しやすくなります。

乾燥が進めば進むほど肌は水分が減ってしなび、しわが目立つようになりますが、角質層に亀裂が入ればより蒸発は進みます。

当然のことながら、肌の乾燥の程度が増せば、しわは多くなります。

肌を外部の刺激からガードするバリア層も減っていくために、にきびや肌トラブルなども増加するようになってしまいます。

紫外線による肌の乾燥も、バリア機能が低い肌ほどダイレクトに受けるようになるため、しわなどの原因になってしまいます。

しわの原因のひとつである乾燥を食い止める為には方法があります。

顔を洗った後は間をおかずに化粧水などで保湿をすることで、肌の乾燥を防ぎ、水分をプラスすることが可能です。

肌に水を与えた後に保湿クリームを用い、肌の乾燥を予防するのがコツです。

原因を取り除き、しわのないハリのある肌になるためには、保湿ケアを念入りに施すことです。

筋肉の老化

筋力が低下すると、それが原因となってしわがふえることがあります。

表情筋として使われることが少ないために、しわがはっきり見えるようになる部分とは、目もとのしわ、口もとのしわ、ほうれい線です。

反対によく動かすところにもできる事がわかります。

表情筋が様々な理由で衰えると、皮膚は表情筋によって支えきれなくなって重力に従って垂れ下がり、しわができやすい皮膚になってしまいます。

皮膚が水分を失い、たるみやすくなるのが、しわの原因です。

皮膚を支えていた表情筋の力が弱まると、人間の皮膚はどういった変化が起きるでしょう。

頬が頬骨の高さのためにふっくらとして見えたという人でも、表情筋が弱まると頬の上で支えていた筋肉が弱くなって、頬の皮膚が徐々に垂れていきます。

ほうれい線は、頬など顔全体の皮膚がたるむようになるにつれて目につき出します。

肌のたるみが更に進むと、目の下あたりの肉も下に引っ張られる為に、目の下にもしわができてしまいます。

目尻のちりめんしわは、目の下の皮膚が重みで垂れさがる際に、負荷を目の上や横にもかけるために、しわができやすい力がかかります。

顔は1枚の皮膚でできていますので、一つ皮膚が垂れさがる部分があればそこが起点になって、さらなるしわができます。

日々のスキンケアを入念に行い、肌がたるまないようにしておくことで、いくつかあるしわの原因を減らすことができます。